ミタカPの棚卸の場所

人生なんてさ、言い出してやめた言葉を集めてつなげる物語だよな。

【読書】さよならは仮の言葉 谷川俊太郎さん著

谷川俊太郎

 

結構新しい本で

読めて嬉しかった。自分が小学校の教科書に詩が掲載されていた方がまだ

前線で頑張って新刊を出しておられることは考え深い。