All in the Flow

大阪に住む3児の子育て中のサラリーマンが、ゆるく飲食店情報、アウトドア情報、畑作業、御朱印巡り、コミュニケーション関係など様々な活動で感じたことを発信していくブログです。

キューピット(エロス)の二本の矢 黄金の矢 エロスとプシュケ

 

 


恋人同士になるきっかけを与えた人を

愛のキューピットなんて言ったりする。

 


キューピットはとても有名なギリシャ神話の神の一人と言ってもいいだろう。

 

クピド(ローマ神話)ともアムール(愛)とも

エロス(ギリシャ神話)とも呼ばれる。

キューピットは英語読み

 

今回はギリシャ神話なのでエロスで統一する。

性愛や愛を司る神である。

 

f:id:miyanotakashi:20190125065543j:image

 


そんなキューピット実は二本の矢を持つ事はあまり知られていないのではないか?

 

金の矢は相手をメロメロにしてしまうやつ。

皆さんご存知のやつ。

 

その
金と鉛でできた二本の矢が巻き起こしてしまう愛の物語を。

 


プシュケ(人間)はとても美しい人間の娘であった。

 

f:id:miyanotakashi:20190128062315j:image

 

美の女神アフロディーテにも敵う女性だとされていた。

 


その噂に嫉妬したアフロディーテが

息子エロスを呼び、ブサイク男に恋に落ちるように矢を射るように指示する。

 

プシュケに狙いを定めるも
エロスは失敗して、

金の矢を自分に刺してしまう。

 


その瞬間!

 

プシュケに激しく恋をしてしまったエロスは、

自分が神と悟られぬように姿を隠して、プシュケと結婚した。夜にしか会わないようにしたのだ。

 

f:id:miyanotakashi:20190125064424j:image

(プシュケとエロス)

 

そんな奇妙な夫婦生活もプシュケの姉達により灯がともされて、終わってしまう。

エロスは姿を隠してしまう。

 

しかし、

プシュケのエロスへの愛は一途であった。

 

エロスのいる神殿へ赴き、エロスに会わせてほしいがために

 

鬼のようなオカン、つまり姑(アフロディーテ)の意地悪な無茶振りな難題にも必死にくらいつく。

 

難題にこなしている間に、すっかり疲れてやつれ果てて

かつての美を失ってしまったプシュケ。

 

アフロディーテより、冥界の女王の元に行き、

美を分けてもらいなさい!とこれまた無理難題を言い渡されます。

 

 

死なずとも冥界に行ける方法をみつけ

プシュケは冥界に行き、美を分けてもらう小箱を貰うのですが、その中には美ではなく眠り(つまり死)が入っていた。

 

f:id:miyanotakashi:20190125063935j:image

(小箱をあけるシーンです)

 

仮死状態になるプシュケ。

 

ここで

ラブストーリーは急展開。

 

たまたま、アフロディーテにより監禁されていた、エロスが釈放?されたまたまプシュケの前を通りかかる。

 

f:id:miyanotakashi:20190125064100j:image

 

エロスはすぐに絶対神ゼウスの元へ行き

神のお酒ネクタールを飲ませて、プシュケを神にした。

 

f:id:miyanotakashi:20190128062515j:image

(ネクタール?)

 

 

二人の愛は人間と神という身分を無くしめでたく結ばれたのでした。

 

そんな幸せな二人の間には

ウォルプタース(喜び、悦楽)という新しい神が生まれたのでした。

 

f:id:miyanotakashi:20190125064853j:image

(アムール(エロス)とプシュケ)

 

様々な試練を乗り越えた二人。

やっと結ばれた二人を描く絵、

とても可愛いです!

 

プシュケは魂という意味で、

 

試練を乗り越え、

アムール(愛)とプシュケ(魂)が結ばれるという、美しいお話でした。