All in the Flow

meet diversity

期待だけして、具体化してないから、決断できない。参加料600円、勝てば1000円貰えるゲームに参加しますか?

 

今年最初くらいに家族で初めて競馬場に行ったんですね(^ω^)

私史上初でもあります⭐︎

 

競馬場って子供達も喜ぶ公園みたいなもんだよーって色んな人から聞いてたので、奥さんと話し合って淀の競馬場にいってみることにしました。

 

行ってみた感想としては、入園料が200円かかるけど子供達もすごく楽しんでましたし、
また春になったら行きたい!という気持ちが強いです。

 

f:id:miyanotakashi:20180305064037j:image

 

 こんな感じで

ポニーに乗れます⭐︎

 

その時に
これまた初めて競馬をしてみました。

 

馬券の買い方や色んなことわかんないので、どの馬が一位になるか、つまり単勝ですね。


これにかけて何回か遊んでみました。

 

単勝を4回くらいして、一回だけ当てました!100円払って250円くらい返って来たかな笑

 

ただ、思ったのは、
全てのレースに100円かけた場合はどれくらいになるんだろう。と。

 

16頭のレースで、一番人気の倍率は1.2倍
最下位の馬とかは100倍とかだから笑

 

100円 かけて
一番人気なら 120円、最下位の馬なら10000円な訳で、最下位や人気の無い馬が勝てば、トントンもしくは少しでもプラスになんじゃね?と思った訳です。

 

それで後日に参加した日のレースにもし全て100円かけてた場合どうなったか?を検証してみた訳です。

 

それが↓

f:id:miyanotakashi:20180305063329p:image

負けてますよね笑
払い出したお金は26パーセント減って手元にある計算になるので、結論負けてますわ。笑

 

色々調べてみると、
還元率は(払い戻し率)は
80パーセントって公表されてる時点で、
8割は返してあげるけど、2割は貰うね。


ってゆーことなんですね(^ω^)

f:id:miyanotakashi:20180305063436j:image

 

なので74パーセントの払戻率はまぁ、そんなもんかなぁな近似値だった訳です。

 

確率とか昔、学校で習ったなぁなんて思い出しながら、色々計算したりしてみたのですが、一つ大切な事に気付きました。

 

それは期待だけして、具体的にいくら勝つかを定めていないと言うことです。

 

具体的にいうと、

100円かけて、儲かったらいいなぁ
というのが期待だけしてる状態。

 

じゃなくて、
100円かけるんだから、1000円にする!と具体的にどうなりたいか?を決めることが欠けているんだなと思うに至りました。

 

それによって、賭け方や逆に辞めどき分かりますよね(^ω^)


ここで、例え話を

600円払って参加して、勝てば1000円もらえるゲームに参加するのか?ってのがあるとして

 

あなたは参加しますか?

 

実は参加する度に100円が減る計算になります。

 

一回や二回だけじゃなくて、10回くらいしてみたらどうなるかを考えてみたら分かりやすいのですが、

ジャンケンの勝つ確率は1/2 半々です。 勝つか負けるかですから。

 

じゃあ千円もらえる確率は半分、
つまり毎回500円は期待できるということ。

それに600円を毎回払ってたら、100円づつ減っていくということになります。

 

世の中こういった仕組みのものがいかに多いかを見極めないと儲けているつもりでも、
実は元本割れしてるという状態は往々にしてあるなぁと思いました。

 

競馬を数学のゲームなんだと捉えると興味深いので、ちょっと研究してみます。


(数学全然わかんないですが、わかんないなりに)