All in the Flow

大阪に住む3児の子育て中のサラリーマンが、飲食店情報、コミュニケーション関係など様々な活動で感じたことを発信していくブログです。

even if からhalf of meへ。平井堅のeven ifには都市伝説と10年後の曲があった。

全てが全て『好きです』と相手に伝えられる恋であれば、ラブソングなんてきっと生まれてないよね!


って訳でちょっと恥ずかしい始まり方をしたわけです。

 

 

昨日、毎月恒例の屋上の音楽会にて、歌いました

even if..

 

 

屋上の音楽会って?

miyanotakashi.hatenablog.com

 

その時の感想笑

 


歌わせてもらった平井堅さんのeven if‥について色々書いていきたいと思います。

 

動画はこちら

平井堅 even if PV無料視聴 動画 試聴+歌詞 Music PV Style - YouTube

 

【この動画の中で途中平井堅さんが泣いてしまい

 演奏を中断してしまうシーンは最高ですね。

お客さんが応援して、歌い出したらみんなが聞き入ってる様子が伝わってきます。

いいライブですねぇ〜(^^) 】

 

タイトルはeven if‥ですが、
「たとえ〜としても」
「たとえ〜だとしても」と訳すのが良さそうです。

 

曲に落とし込んで見ると


「たとえ、君に好きな人がいても」といった意味になるでしょう。

 

歌詞の全ては

 f:id:miyanotakashi:20180216113926j:image


僕がバーボンを飲みながら、彼に貰った指輪を眺めながらカシスソーダを飲みながら彼の話ばかりをする彼女の時間を独り占めしたい僕の主観が曲を進めていく構成です。

 

f:id:miyanotakashi:20180216113944j:image

 

でも、最後に酔っぱらいながらも時計の針を気にすることで、君を終電に間に合わせてしまう。あと一歩踏み込めない僕の切なさを描いて曲は終わってます。


巷でこの曲の都市伝説的に

 

『君もいっそ酔ってしまえばいい、そして彼の事を忘れちゃえばいい』

からの

 

『だけど残りのバーボンを今飲み干して、時計の針を気にした』の流れを読み違えて、

 

君を主語にしたまま、〜だけど残りの〜と
続けてしまった事で

 

君(彼女)がバーボンを飲んでたんかい疑惑が一気に噴出してて面白いです笑

 

そして、僕と彼は多分男性でしょうけど、
君についての性別の特定はなされてない訳で

 

もしかして、君というのは男?説も面白いです笑

 

『バーボン飲んでたのが君』説が有力なら、
君が男である可能性も上がりますよね。笑

 

平井堅さんだからでた疑惑ですが。


Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ 2(初回生産限定盤A)

 

 

さて、この曲、実は10年後という設定の曲があるようですよ(^^)正式に発表はしていない曲ということでカバーしかないですが

 

half of me という曲です。
自分の半分って意味ですね。

 

動画はこちら

youtu.be

歌い手さん上手!

 

歌詞はこちら

f:id:miyanotakashi:20180216114102j:image

f:id:miyanotakashi:20180216114113j:image

 

ということは、even ifの二人はなんだかんだで恋人同士となったっぽい流れですね(^^)


良かった良かった✨


でも、いきなり別れのシーン、しかも突然っぽい別れ方のようです。

 

飲み物でも買いに行くように 君はじゃあねって

いう別れ方。

 

even if時代に、散々

僕を振り回してた君っぽい別れ方ですね。

確かに。(^◇^;)

 

相変わらずの僕は感傷的に浸っており、
これからも壊れやすい永遠と失われた半分を探していくんだろうと言っちゃってますね。

 

10年後の二人もキャラクターが引き継がれてる感じが平井堅さんのクリエイターの才能が引き立ってます。

 

even ifで、付き合う前の二人を描き

half of me で二人の終わりを描く。

 

順調な交際期間である、真ん中無いんかい!

と思いますが、それは公式には発表は無いので

もう想像の中で楽しむ領域ですね。

 

私はなんとなく

魔法って言っていいかな?

 

平井 堅 『魔法って言っていいかな?』MUSIC VIDEO(Short Ver.) - YouTube


魔法って言っていいかな?

 

 

とかが交際期間にあたる曲なら素敵だなと一人で妄想しました(^^)