ミタカPの棚卸の場所

人生なんてさ、言い出してやめた言葉を集めてつなげる物語だよな。

【映画】映画のおすすめ度の基準について

映画を見たらクオリティ関係なくレビューを

書く様にしている。

 

それは文章に起こす事で

自分の考えが客観的になるし、纏まるからである。

 

どんな作品でもだが、好きだった所と、

これは微妙ですね‥という点が混在する。

 

あんまりいない思うけども、

読んだ方はオススメなの?そうじゃないの?

と気にされるかもしれない。

(気になるからレビューを読んで頂いてると思う。)

 

なので、おすすめ度を僭越ながら

設定させて頂こうと思う。

 

 

 

おすすめ度:1

★⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

観ない方が良いです。

多分時間の無駄です。やめておいて下さい。

しかし、私の見方のレベルが低いだけで、

絶大なるポテンシャルは孕んでいる可能性ありますよね。

 

おすすめ度:2

★★⭐︎⭐︎⭐︎

観ても観なくてもどっちでもいいです。

 

作品に携わって方には大変申し訳ないのですが、そこまで面白くない作品です。しかし所々見所や面白いなというポイントは点在します。 

時間がある方や映画と映画の関係性なども含めて映画が好きな人が観たらいいかなと思う作品です。

 

おすすめ度:3

★★★⭐︎⭐︎

観た方が良いです!!

 

これを観たら素敵な一日だったなぁと

寝る前にふんわりと一日のQOLを上げてくれる作品です。考える機会を貰えたり、

観るタイミングや精神状態によっては、

人生の生きる指針となる言葉に出会えるかもしれない作品です。

 

おすすめ度:4

★★★★⭐︎

これは絶対に観た方がいい作品です。

名作ぞろいです。「あっ名前聞いた事ある!」

「ヒットしてたよね!」的な作品で、

かつ内容も面白く、考える機会を与えてくれる

素晴らしい人生の友人となり得る役柄なんかが、出てきて、あなたの人生の糧になり得る作品です。

 

おすすめ度:5

★★★★★

これは観てないと不勉強だと思われるマスターピース。

 

名作中の名作すぎて、語るのも恐れ多い作品です。映画の中のジャンルの礎を築いた、

「このシーンはあの映画のオマージュですね」となるような、観ておかないと映画を語ってはいけないようなマスターピースは敬意を持って

★を5です。

 

ただ、難しいのは★5と面白いは

別のレベルにある事です。

 

★5は偉大すぎて、一回試聴した所で理解できない可能性も大いにあります。

 

解説書やレビューを読んでなんとなく理解する。

数年経ってやっとあの映画が言いたい事が分かる。

というような作品も割とゴロゴロとあるので、

とっつきにくい印象もあると思います。

 

結論。

一番のオススメは3〜4

というのとなります。

 

映画は時間がちょっとあるから、

映画でも観るかぁ、くらいの気楽に観て、

楽しかった!ラッキー。くらいの軽いノリで楽しむ人が大半かと思いますので、

映画は3-4くらいが観やすくて面白い、興味深い、考えさせられる、作品が多いので、

 

オススメは結論として★:3〜★:4くらいです。

 

最後に

ツラツラと書かせて頂きましたが、

何を偉そうに書いてるのだと思いますよね。

私はもう15年前ほどになりますが、

 

大学生の時にレンタルビデオ借りすぎて、

返しに行ったり借りたりするのがめんどくさくなって、もうバイトしたれ、とレンタルビデオ店員を2年未満やってただけの男です。

 

そのバイト先は素敵で、お給料と無料レンタルビデオ件10枚をくれるので、毎月無料券で作品を観て、それ以上の作品を見続けた程度の

映画の試聴量です。

 

普通の人よりかはちょっと観てるかな?

くらいのレベルですので、お手柔らかに

今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

film markのid

過去観た映画などはこちらのサイトにもまとめてあります。よければ是非。

filmarks.com