ミタカPの棚卸の場所

人生なんてさ、言い出してやめた言葉を集めてつなげる物語だよな。

【神奈川県グルメ】川崎市川崎区 元祖ニュータンタン酒場

f:id:miyanotakashi:20220921060922j:image

 

 

 

🍜頼んだ物


カウンター限定セット
タンタンメン+半餃子+ドリンク 1080円

 

川崎駅前の川崎日航ホテルに宿泊し一泊目。
前から話を聞いていた元祖ニュータンタンメンとやらを
川崎に泊まったのなら是非食したいと向かったのはこちら。

 

f:id:miyanotakashi:20220921060823j:image

 

2階に店舗がある、
駅から徒歩5-8分程度。

 

ニュータンタンメンとは

 

1964年(昭和39年)、五十嵐源吉が中華料理店(現在の京町店)を開業[1]。1967年(昭和42年)、肉体労働者やタクシー運転手向けにスタミナが付く料理として担々麺をアレンジし提供した[1][2]。中国本土で食べられている担担麺や日本の中華料理店で一般的に供される担担麺のいずれとも違う独自の料理であることから「ニュータンタンメン」と名付けられた。
(Wikipediaからの引用)

 

との説明。絶対的
川崎のソウルフードとの噂。

 

確かめたい。

 

いざ、訪問してみると
酒場?居酒屋業態なのか?
でもフォントなどはそのものなので、多分これがニュータンタンメンなのだろう。

 

カウンター限定セットという、カウンターの稼働率を上げたいが為のメニューが!!
そしてコスパ良い。


ニュータンタンメンは辛さを選ぶシステムのようなので
中辛を注文。

 

18時30頃の訪問だったからか客は私1人だった。


客層も見たかった。。

 

ほどなくして、着丼。

 

f:id:miyanotakashi:20220921060939j:image

 

なかなかに赤い。
そしてシンプルである。
溶かれた卵とひき肉と麺とスープのみ。

 

f:id:miyanotakashi:20220921060946j:image

 

オーダーしてから気づいたのだが、トッピングで色々アレンジしていくみたい。

 

その点は岐阜タンメンに似てる気がする。

 

 

頂きます。


と一口食べると、
ガツンと来る旨味とニンニクの風味。そして辛さが後から追いかけてくる。

 

f:id:miyanotakashi:20220921060956j:image

 

美味い。これはハマる。


ストレートな旨味が口に広がる。なるほどこれがニュータンタンメンかと食べ進めていくと、スープの底に新たな具材が出てくる。


これは‥ニンニクそのものー!
ニンニクの欠片がそのまま具材として入っている。

 

f:id:miyanotakashi:20220921061005j:image

 

これは明日の商談気をつけよう。と心に誓いながら、
お店を後にしたのでした。


ご馳走様でした。

 

🍜お店の情報


住所:川崎市川崎区2-11-20-2F
営業時間:

平日 17:00〜24:00 LO23時
金曜 17:00〜27:00 LO26時
土曜 ランチ11:30〜15:00
ディナー17:00〜27:00 LO26時
日曜 ランチ11:30〜15:00
ディナー17:00〜2400 LO23時

日曜営業
定休日:無し(凄)

 

最後に


元祖ニュータンタンメンは
川崎が発祥であるが、横浜や東京に広げており、30店舗あるようです。一度川崎のソウルフード、ニュータンタンメンを観光にも食べてみてはどうでしょうか?

 

こちらのお店は一軒目使いから〆まで一店で済む設計になってるのですね。
なるほど!