All in the Flow

大阪に住む3児の子育て中のサラリーマンが、飲食店情報、コミュニケーション関係など様々な活動で感じたことを発信していくブログです。

なかなかコスパいいかも。東灘区 油そば専門店 歌志軒(かじけん)

いつも通勤で使ってるので住吉駅にできたのは、知ってたんだけど、行ったことがなく機会があればと考えていたけど、時間ができたので

訪問。

 

地下のパチンコ屋さんの隣にあるんですよね〜

7年、8年、住吉駅使ってるけど初めて下に降りた。

 

結構しっかりしたお店構えで、高まる期待。

並が650円〜と結構お手頃。

お、いいかも。

 

最近多い販売機で食券買うパターンのやつですね。

 

(昨日の東京駅で食べたラーメンストリートもこんな感じだった、どのお店も!)

 

何食べようかなぁと迷ってたんですけど、

850円で油そばとスープと好きな丼(4つから選べる)を選択。油そばも同額で麺の量を選べるのですね。

 

確か、

普通が140g

大盛りが210gでした。

 

普通のラーメンのお店だと、このコースで1000円超えさせるお店が多い中、850円はいい値段設定。好感持てる。

 

 

食べ方を教えてくれてまして、

 

ラー油と酢を迷わずぶっかけろ的な事があらゆるところに書いてまして。

 

f:id:miyanotakashi:20181109153815j:image

 

見上げると、明らかにデカイ、ラー油と酢のボトルがある訳ですよ。

 

いやーそこは、お店の人がさ

提供する際にちょうどいい塩梅にして、

出して下さいよ。

 

と思いもしなかったが、そこは自分の好きな味を作れます的な演出なのかもしれない。

 

あまり気にしないでおこう。

 


f:id:miyanotakashi:20181109153812j:image

先にチャーシュー丼が来ました。

写真では伝わりにくいですが、小ぶりのお茶碗ですが、ネギいっぱい乗ってて甘だれがご飯にかかってて。いい感じです。
f:id:miyanotakashi:20181109153818j:image

続いてスープが来ます。

出汁の効いた中華スープみたいな感じで美味しい〜。これに麺入れたらある程度美味しい普通のラーメンができそうです。

 

可愛らしい店員さんが、

「直ぐに油そばもお持ちしますね」とすかさずフォローしてくれます。

 

接客も良いです。


f:id:miyanotakashi:20181109153805j:image

 

着丼。

さすが油そば、麺の下にある光は油です。

 

(これはかなりデフォなのですっぴんみたいなビジュアルですね。)

 

そして「食べ方はご存知ですか?」と聞いてくれます。

 

ぶっかけろ的なやつですよね?

と言うと「そうです」と。

 

待ってる間にしっかりと予習しましたよ。


f:id:miyanotakashi:20181109153827j:image

おススメ通りにラー油と酢を適量、

回しかけました。


f:id:miyanotakashi:20181109153824j:image

 

そしてぐちゃぐちゃっと混ぜます。

混ぜそばの醍醐味。

 

頂きます。

 

モチモチの太めの麺が油と絡みつき、美味いです。コッテリしてたので酢追加して頂きました。チャーシュー丼もスープもいい仕事します。

 

味のバランスがちゃんと上手いことできてるなと食べてて思いました。

 

大盛りにしたのですが、ペロリです。

楽勝の完食です。

程よい量でした。

 

味変用の

 

こしょう

ごま

にんにく

などあって、少しだけにんにくを入れましたが美味しかったです。

 

なかなか850円でこれならコスパいいと感じました。

 

 

ただ、少し残念だなと思ったのは、

カウンターの奥が皿洗い場になっているのですが、作り終わったので2人で皿洗い場で仲良く話してるのが丸見えで、食べ終わった人達が「ご馳走さまでした〜」と小声で言い、退店していってました。

 

油そばが美味しかっただけに気持ちよく、

店員さんにお礼を言って帰りたい気持ちが

報われないままに。

 

『無言のままに去った客』にかなりの人が結果的になってました。

 

みんな無人のカウンターに向かってご馳走様って言ってるんだけどね。

 

途中の接客はとても良かったので、

すごく残念だなぁと思いました。

 

私もご馳走でしたと言ってお店をでましたが、

「ありがとうございました〜」は無くて、

先人達と多分同じ思いをして帰りました。

 

惜しいなぁ。

 

HP載せておきます。

www.kajiken.biz